ホーム

ログイン

トピックス

2020.7.17 NEW

臨時社員総会および理事会を7月17日(金)に開催しました。臨時総会および理事会では、酒井理事長の退任と柳澤新理事長の就任が承認されました。


2020.5.22

第9回定時社員総会を4月22日(水)に開催予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により、書面総会に切り替え、5月22日(金)が社員総会決議があった日となりました。社員総会では、2019年度事業報告および決算報告書の承認、定款変更(事務所住所変更に伴う)、2020年度事業計画及び予算、年間スケジュールおよび新規入会等の承認が得られました。


2020.1.29 ~ 31

InterAqua2020が東京ビックサイトで開催され、GWRAはブースを開設するとともに、「島嶼地域における水問題」をテーマとし、1月31日(金)にGWRA水ビジネスセミナーを開催いたしました。GWRA事務局長小林が「島嶼国における課題とGWRAの対応」への取組について発表したのち、酒井理事長が基調講演として、「世界各地で抱える水の諸問題」の講演を行いました。また、御手洗 翔氏(協和機電工(株))に「ハイブリット型浄水システムのビジネス展開」、田中 雄基氏((株)鶴見製作所)に「次世代汚泥脱水機の紹介」、奥野 裕氏に((株)日立製作所)「島嶼国に適した上下水道」、花岡 平氏(三菱化工機(株))に「革新的な省エネ・創エネ生活排水処理システム」の講演をいただきました。今年は約120名の方々に聴講いただき、盛況のうちに終了することができました。


2019.8.30 ~ 9.1

第33回公益財団法人国際研修交流協会(ACT)国際セミナーが「新たな時代の地方創成に向けた取組みと国際協力について」と題し、本年も福島県(裏磐梯)で8月30日(金)~9月1日(日)に開催されました。セミナーでは酒井理事長が「世界各地で抱える水の諸問題」と題し、講演しました。また、GWRAは後援をするとともに「インフラ輸出・水資源」専門家会議を「島嶼地域への事業展開における課題と要望」をテーマに開催し、関係機関(外務省、経済産業省、国土交通省、環境省、JICA)および民間企業(協和機電工業(株)、(株)鶴見製作所、(株)日立製作所、(株)堀場アドバンスドテクノ、(株)地圏環境テクノロジー)からのプレゼンをいただき、活発な議論がなされ国への要望を取りまとめました。結果は、提言として関係機関へ提出されます。


2019.1.30 ~ 2.1

InterAqua2019が東京ビックサイトで開催され、GWRAはブースを開設するとともに、「水資源の循環と水の供給・再利用」をテーマとし、2月1日(金)にGWRA水ビジネスセミナーを開催いたしました。酒井理事長が「GWRAの取組み内容」を説明したのち、青木 純一氏((株)地圏環境テクノロジー)に「統合型水循環解析モデルの紹介」、ディアロ・ママドゥウリ氏(日立造船(株))に「海水淡水化事業および新型取水システム“HiSIS”の紹介」、矢島 聡氏((株)フジタ)に「海外における工場排水の再利用の取組み」の講演をいただきました。今年は約180名の方々に聴講いただき、盛況のうちに終了することができました。


2018.8.31 ~ 9.2

第32回公益財団法人国際研修交流協会(ACT)国際セミナーが「復興への新たなチャレンジと国際協力について」と題し、本年も福島県(裏磐梯)で8月31日(金)~9月2日(金)に開催されました。セミナーでは酒井理事長が「水システム海外輸出戦略」と題し講演をいたしました。また、GWRAは後援をすると共に「インフラ輸出・水資源」専門家会議を「海外水インフラ展開の現況と要望」をテーマに開催し、関係省庁(外務省、経済産業省、国土交通省、環境省)および民間(㈱地圏環境テクノロジー、㈱堀場アドバンスドテクノ、日立造船㈱、㈱フジタ、㈱日立製作所、GWRA)からのプレゼンをいただき、活発な議論がなされ国への要望を纏めました。結果は、提言として政府に提出されます。


2018.2.14 ~ 16

InterAqua2018が2018年2月14日(水)~16日(金)で東京ビックサイトで開催され、GWRAはパビリオンを開設するとともに、「途上国地域向け小規模分散型処理システム」をテーマとし、2月16日(金)にGWRA水ビジネスセミナーを開催いたしました。今回は、李 玉友氏(東北大学大学院 工学研究科 教授)に「嫌気性処理の動向」、花岡 平氏(三菱化工機(株))に「嫌気性MBRによる省エネ水処理システムについて」、上山哲郎氏(協和機電工業(株))に「海外における小規模分散型水処理システムのご提案」の講演をいただき、GWRA事務局長小林が「小規模分散型水処理システムへの取り組みについて発表をいたしました。今年は昨年の2倍近いの約200名の方に聴講いただき、大変盛況に終わりました。


2017.9.1 ~ 3

第31回公益財団法人国際研修交流協会(ACT)国際セミナーが「人と地域を繋ぐ復興と国際貢献について」と題し、本年も福島県(裏磐梯)で9月1日~3日に開催されました。セミナーでは上田理事長が「水インフラ輸出への取組方針と具体策」と題し講演をいたしました。また、GWRAは後援をすると共に「インフラ輸出・水資源」専門家会議を「アジア中進国および途上国地域に適合した水処理システムの提案 -分散型処理、嫌気性処理-」をテーマに開催し、関係省庁(外務省、経済産業省、国土交通省、環境省)及び民間(日立造船㈱、協和機電協業㈱、鹿島建設㈱、三菱化工機㈱、㈱堀場製作所)からのプレゼンをいただき、活発な議論がなされ国への要望を纏めました。結果は、提言として政府に提出されます。